海外旅行

日本人の海外旅行

海外旅行

【海外旅行の知識】⑤ 飛行機の乗り継ぎ (主な乗り継ぎ空港)

乗り継ぎ便を利用する場合、多くは乗り継ぐ空港と乗継便を運航する航空会社がペアになり、「乗り継ぎ空港」=「2便目の航空会社の拠点空港」という関係です。 一例を挙げると「パリ・シャルルドゴール空港で乗継」=「2便目はエールフランス」となります。
海外旅行

【海外旅行の知識】④ 飛行機の乗り継ぎ (LCCでの乗り継ぎ)

LCCは単路線販売で、乗り継ぎをする場合は一旦入国が前提。国毎に違いますが、事前ビザ取得、入国税、施設使用料のコスト増の他に、入国審査、受託手荷物待ち、チェックイン、セキュリティ、出国手続きなどによって時間ロスがかなり大きくなります。
海外旅行

【海外旅行の知識】③ 飛行機の乗り継ぎ (国際線から国内線へ、国内線から国際線へ。EU内の乗り継ぎ)

西ヨーロッパ内のパリなどには日本からの便がありますが、ここからバルセロナなどの西ヨーロッパの都市に乗り継ぐ場合に適用されます。結論からいうと入国審査は乗り継ぎ空港で、また、受託手荷物は最終空港で通関することになります。
海外旅行

【海外旅行の知識】② 飛行機の乗り継ぎ _2 (標準的な国際線の乗り継ぎの続き:CIQ、MCT、搭乗券)

国際線の乗り継ぎを理解するにあたって、乗り継ぎに必要な時間として決められているMCT(最小乗り継ぎ時間)、各空港の空港国際線ターミナル内に設けられているCIQ(税関、入出国管理、検疫)エリア、航空券と搭乗券の違いについて説明をします。
海外旅行

【海外旅行の知識】① 飛行機の乗り継ぎ _1 (標準的な国際線の乗り継ぎ)

日本から直行できる航空便がない都市に行くには、途中どこかで飛行機を乗り継いで行く必要があります。また、個人旅行では最近、一般に大手航空会社の直行便を使うような長距離路線で、直行便よりも運賃の安い乗継便のサービスを見つけることもできます。
海外旅行

【海外旅行解禁速報】(2021年12月) – 新型コロナワクチン接種証明書アプリの運用の開始 

日本政府は2021年12月20日に新型コロナワクチン接種証明書を取得できる公式アプリ接種証明書アプリをApp Store及びGoogle Playで公開しました。この章では、新型コロナワクチン接種証明書についての説明と取得方法を説明します。
海外旅行

【海外旅行解禁速報】(2021年11月) – 徐々に条件が出揃い、観光目的の旅行解禁が間近に ②

現在、ほとんどの先進国が、各国が容認しているワクチンパスポートにより海外からの入国後の隔離を免除し、入国検疫の大幅な緩和の有力な手段となっています。これと軌を一にして、多くの航空会社が長距離路線を含めて大幅な増便を始めようとしています。
海外旅行

【海外旅行解禁速報】(2021年11月) – 徐々に条件が出揃い、観光目的の旅行解禁が間近に ①

新型コロナ流行。早くも2年近くになります。理屈では海外旅行に行けるのですが、現実には休暇を使って海外旅行というわけにはいきません。最近のニュースを見ていますと、そろそろ解禁を臭わせるニュースが出はじめていますので、整理してご紹介します。
バーチャル海外旅行

【ウェブ海外旅行】⑦イタリア1ナポリ・ポンペイ _ 4ローマ

ローマにはローマ時代からの歴史の遺産が数多くありますので、2泊3日でもそのすべてを見ることはできません。とはいえ、第一のお勧めはやはりバチカンです。本堂の荘厳さに直に触れるとともに、ミケランジェロ他、たくさんのルネッサンス作品を見れます。
バーチャル海外旅行

【ウェブ海外旅行】⑥イタリア1ナポリ・ポンペイ _ 3ソレント、カプリ島

南イタリアを代表するリゾートのソレントとカプリ島。ここには本物の南イタリアがあります。降り注ぐ太陽の光。湿気のない空気。真っ青な空を映す透き通った海。体で地中海を満喫できる旅になります。海を知る日本人でも旅のすばらしさを実感できます。

これはサイト全体の通知の一例であり、カスタマイザーの「Store Notice」でこのテキストを変更または削除できます。 非表示