2022-04

一般事項

【海外旅行解禁速報】(2022年4月30日) – 5月1日タイへの観光旅行が解禁されます

東南アジア各国は現在徐々に旅行が可能になっていますが、そういった中、日本からの観光客が1日平均5千人に及んでいたタイが観光客の受け入れを5月1日から再開。タイ政府関係部署のホームページにより、外人観光客の具体的な入国手続きをお知らせします。
イタリア

【イタリア旅行】㊶ (ナポリ・カプリ島)ソレント ~ ポンペイ、カプリ島に行く

ソレントに泊まると、ポンペイ、カプリ島、アマルフィ、パエストゥムに日帰りで行くことが可能です。ナポリ周辺で安全な宿泊地を探すと、カプリ島とソレントが有力です。リゾートの知名度からはカプリ島。近場の観光名所に行くならソレントが便利です。
イタリア

【イタリア旅行】㊵ (ナポリ・カプリ島)ソレントへ 2 ~ タクシーで行く、宿泊、食事、土産

ソレントやカプリ島を経験すると、次にナポリに来るときには、中世以降の歴史見学は捨てて、ギリシャ・ローマ時代の歴史と地中海の自然に絞り、海辺で寝そべってぼんやりして、近くのレストランで海を眺めたいなと思います。地中海での休暇気分は格別です。
イタリア

【イタリア旅行】㊴ (ナポリ・カプリ島)ソレントへ 1 ~ なぜソレント?、電車、バスでの行き方

私の第一印象はイタリアの熱海。緊張に包まれるナポリの市街地とは違い周りへの警戒心は解けます。観光客がのんびりそぞろ歩き。天気は快晴。強い日差し。売りは海沿いの崖の上から見る海の景色です。ザ・地中海です。素晴らしい景色に出会うことができます。
一般事項

【海外旅行解禁速報】(2022年4月14日) – 出かけよう海外旅行 – ゆとりを持った旅行をお勧めします

コロナ制約をいち早く解除したイギリスで、空港が混乱しています。イースター休暇で旅行者が増え、航空便も戻ってきましたが、コロナ下で大幅に人員を縮小していたため、航空会社や空港の対応が追い付いていないとのこと。日本も同じ状況になりそうです。
イタリア

【イタリア旅行】㊲ (ナポリ・カプリ島) ポンペイ 2 ~ ほとんどの旅行者はEAV1号線利用の一択

EAV1号線(私鉄:ヴェスヴィアーナ周遊鉄道)は途中ポンペイを通ってナポリ・ソレント間を繋いでいる往復路線です。ソレントに宿泊してポンペイに行くときもこの路線です。ナポリからもソレントからも30分程度でポンペイ・スカビ・ビラ駅に到着します。
イタリア

【イタリア旅行】㊱ (ナポリ・カプリ島) ポンペイ 1 ~ ナポリ旅行のハイライト。ローマ時代の貴重な遺跡があります

ポンペイはローマ時代の遺跡です。この遺跡を見るためにナポリを訪れる価値があります。ローマ時代に興味のある方。ローマ旅行で1日日程を捻出できれば、ローマからナポリ中央駅まで1時間余り。1日約70本の特急があり、日帰りでポンペイ見学ができます。
一般事項

【海外旅行解禁速報】(2022年4月8日) – さあ出かけよう海外旅行 ー 海外旅行解禁です

米国(ハワイも含まれます)や英国、EUなども含む106か国からの入国する者に対して3回のワクチン接種の証明書提示により帰国時の自宅・ホテル待機を必要としないことにしました。これでようやく休暇などを使った海外への旅行が可能となりました。
イタリア

【イタリア旅行】㉟ (ナポリ・カプリ島) ざっくりナポリの歴史-2 (ローマ時代~)

地中海の覇権はギリシャからローマに移りますが、ギリシャ文化に対する畏敬の念はローマ帝国時代も続き、貴族の家の家庭教師はギリシャ人でしたし、ナポリではギリシャ語が使われていました。ナポリは地理的にも文化的にもギリシャへのゲートとして機能します
イタリア

【イタリア旅行】㉞ (ナポリ・カプリ島) ざっくりナポリの歴史 -1 (~ギリシャ時代)

南イタリアを含む地中海沿岸には旧人類も住んでいた温暖な地域で、氷河期を含む長い時代に亘って人に住みやすい環境を提供してきた場所です。地球規模で見ても最も古くから人が住み、どの時代も人々の暮らしが途絶えることなく続いてきた土地のようです。

これはサイト全体の通知の一例であり、カスタマイザーの「Store Notice」でこのテキストを変更または削除できます。 非表示