2021-08

ロンドン

【ロンドン旅行】㊺ 観光用クーポン ー ロンドンパス(ロンドン観光用クーポン)

ロンドン・パスとは都市観光用クーポンです。政府観光局もこのクーポンを紹介しています。このパスがあると、市内の観光スポットを周回するオープンデッキバスに無料で乗車できる他、ロンドン市内の60近い有料観光スポットにパスで入場することができます。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊹ 展望台(ザ・シャード、ロンドン・アイ、タワー・ブリッジ)

ロンドンには郊外の山や高台がなく、市街地の景色を楽しむためには背の高い建物に上る必要があります。観光客が入場できる施設を3つ紹介します。市の周辺部の景色が東京と違うのは、狭い島国でありながら緑地が多いことです。これがイングランドの風土です。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊸ ロック・ミュージック (ライブハウス、ミュージック・フェスティバル)

2020年はCOV-19の影響でロック・ミュージックの分野も火が消えたようでしたが、2021年7月にイギリスでは政府の方針によりコロナ禍に対する制約がすべて解除され、自己責任を前提として今夏は例年通りロックフェスティバルが開催されています。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊷ 演劇・ミュージカル (ウェスト・エンド、チケット購入)

英国は高緯度で、夏は夜9時近くまで明るく、11月から始まる冬は午後4時前には早々と夜が訪れます。誤解しないでください。冬のロンドン旅行は観劇や音楽鑑賞が最高です。暗くなったからといってホテルに引きこもると、せっかくの旅行が台無しです。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊶ クラシック音楽 (ロイヤル・オペラ・ハウス、ロンドン・フィル)

ロンドンフィルのホームであり、欧州だけではなく世界中の有名アーティストが集まりますので、ロンドンに行けば好きな奏者の演奏を聴けるチャンスがあります。ロンドンでは再び音楽を楽しめる日が始まっています。各自でしっかり対策をとり音楽を楽しみます。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊵ 文学・アトラクション ( ハリー・ポッター = ワーナー・ブラザーズ・スタジオ)

ワーナーブラザース・スタジオでのハリ・ポッター体験はファンだけでなく多くの人にとって、最も記憶に残る旅の思い出の一つになると思います。2023年、東京のとしまえん跡地に世界で2番目の大型ハリー・ポッター・アトラクションが開設される予定です。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊴ 博物館_13 (文学:シェイクスピア、シャーロック・ホームズ、名探偵ポアロ)

文学は博物館とは縁遠く、シェークスピアは復元劇場。シャーロック・ホームズは作品のアトラクションです。アガサ・クリスティは生まれ故郷に博物館と旧別荘が残っています。文学作品の中で触れ合うのが本筋なのでしょうが目に見えるものがあるといいですね。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊳ 博物館_12 (王立空軍博物館、ファーンボロー・エアショー)

ファーンボローエアショーは世界最大の航空ビジネス・ショーです。民間機、および軍用機などの見本市です。一般公開の日には大勢の市民が押しかけます。滑走路脇に展示機が並べて置かれ機内の見学が可能になり、飛行場の滑走路を使ってデモ飛行が行われます。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊲ 博物館_11 (ロンドン運河関係、ナロー・ボート観光)

退職後のご夫婦や新婚旅行にお勧め。日程もボート代も贅沢な旅となります。ナローボート・ツアーの一番の魅力は郊外にあり、両岸のイングランドの景色を楽しみ、途中、誰もいない気にいった場所で船を係留してのんびりしたり、宿泊したりします。
ロンドン

【ロンドン旅行】㊱ 博物館_10 (グリニッジ国立海洋博物館、カティ・サーク、天文台)

ロンドンの東にあるテムズ河畔の町で、対岸は過去、カナリ―ワーフという外国航路のロンドン港としての機能を持った場所でした。グリニッジ側には王宮、天文台、大学などの海軍施設があり、軍人や商人たちがイギリスから外洋に出て行く基点となった場所です。

これはサイト全体の通知の一例であり、カスタマイザーの「Store Notice」でこのテキストを変更または削除できます。 非表示