【ロンドン旅行】53_ ガーデニング ~ イングリッシュ・ガーデンは曇り空が似合う

ロンドン

海外旅行に行きたい! ロンドン旅行。ロンドン市内でイングリッシュガーデンを探しましょう。

楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ  シェイクスピア 英 劇作家 1564-1616

植物園の由来を辿ると、食料となる人間に有用な植物を集め、保存・栽培する場所を設けたことに始まり、時代が下り、とはいえ紀元前ですが、エジプトでは人に癒しを与える美しい草花の収集、栽培もすでに始まっています。中世のヨーロッパでは修道院が人々の病気を治す場となり、薬草の収集、栽培が進み、薬草園の起こりとなりました。さらに近代になると、イギリス本土により近いインドで栽培を始めようと中国からお茶を移植したり、アンデス原産のキニーネをインドや東南アジアに移植してマラリア薬を大量生産するために、植物園を研究場所として活用するなど、植物栽培地の地球規模での転換と植物の商品化が進みました。このように見てくると、植物園は時代を遡っていくと、人の生活により身近なところにあったことがわかります。

チェルシー薬草園

チェルシー薬草園(Chelsea Physic Garden)はロンドンの町中にある薬用の植物園です。17世紀にはじまり、広さは1.53ha(実際には三角形の敷地ですが、イメージとして100mx150m)の広さがあり、薬草園ですが、都心にしては広い敷地に薬草の花壇が造ってあります。開園は日曜日から金曜日までの11:00-17:00(最終入園は16:30)です。入園料は£12(大人)。交通は、地下鉄スローン・スクエア駅(サークル、ディストリクトライン)から徒歩。ただし、グーグルマップが必要かと思われます。下に写真を掲載しましたが、薬草園の入り口はSwan Roadという細い道沿いに、小さな入口しかなく、見つけづらいですので注意が必要です。

住所:66 Royal Hospital Rd, London SW3 4HS  チェルシー薬草園(Home)

エルサム宮殿と庭

エルサム宮殿(Eltham Palace & Garden)はロンドン郊外、グリニッジの南東5kmのところにあるチューダー朝の元王宮です。15世紀に造られ、今でも建物の見物を楽しめますが、この建物の周りの庭が見事です。屋敷を取り囲む堀があり、その一部が空堀となっていて、その中にイングリッシュ・ガーデンが造ってあります。空堀の石垣が庭の造形の一部となっていて大変美しい庭になっています。宮殿に行ったら、是非宮殿の裏に広がる美しい庭を散策してください。

木曜日から日曜日までの週4日間、10:00-17:00(土曜日は-15:00)に開館しています。事前予約が必要です。入場料は£15.7です。(住所) Court Yard, Eltham, Greenwich, London, SE9 5QE/ SE9 5NP

宮殿への交通はナショナル・レイルで行きます。2つの駅から宮殿に行くことができますが、ここでは鉄道エルサム(Eltham)駅から行く方法をご紹介します。ヴィクトリア駅、もしくはチャリング・クロス駅から30分に一本所要時間30分で着きます。駅から南方向に歩いて1kmのところにあります。(google map) 駅前のバス停から南向きのバス(132, 161,162, 286)で2つめの停留所(Eltham Church)までバスで行くこともできます。

エルサム宮殿(Home)   ナショナル・レール(Home)

「Eltham Palace England 4K」 Barnyzさん 2min

ウィズレイ(Wisley)・ガーデン

英国にはRHS(The Royal Horticultural Society:王立園芸協会)という園芸を盛んにするための慈善団体があります。RHSはメンバーの愛好家のガーデニングをサポートしていますが、自ら数か所の施設でイングリッシュガーデンを経営しています。ます。ロンドンの近郊には、南西30kmのところにあるウィズレイ(Wisley)・ガーデン、北東50kmのところにあるハイドホール(Hyde Hall)・ガーデンがあります。ただし、これらはロンドンから少し距離があり交通の便の良いところにあるわけではありませんので、車を使えない旅行者が行く場合には周到な準備が必要となります。

今回の行き先については、この2つの内、ウィズレイをお勧めします。ここに電車で行く方法を紹介します。ロンドン・ウォータールー駅から電車に乗ります。ギルフォード(Guildford)で電車を降ります。直通で所要時間30分程度です。他にも目的地に近い駅はありますが、駅前にタクシーが何台も停まっている、ある程度大きな駅としました。駅を降りてからはタクシーで目的地に向かいます。距離は8mile(13km)、往復で£50(帰りの呼び出し料は確認してください)程度のメーター料金です。複数乗車は乗客1人増で+50ペンスです。タクシーを降りる前に、帰りのタクシーを呼ぶ方法を運転手に確認してから降りてください。郊外ですので、特に女性は同行者と行かれることをお勧めします。開園時間は月-土:9:00-18:00、日:11:00-17:00(クリスマス、イースターは休み)

入場料は£16.5(公共交通機関利用:£12.1)

住所:Chelmsford Essex CM3 8ET

RHS(Home)  ウィズレー・ガーデン(Home) ナショナル・レール(Home)

【庭園美術館】

庭園美術館(Garden Museum)はガーデニング趣味の方向けの美術館です。イングリッシュ・ガーデンのガーデニングに関する展示を行っています。

週7日間、10:00-17:00(クリスマス、イースターは休み)に開館しています。事前予約が必要です。入場料は£12です。(住所) Lambeth Palace Road London, SE1 7LB

ここへの交通はウェスト・ミンスター駅(サークルライン、ディストリクト・ライン)から橋を渡り、南に歩いて、次の橋の手前にあります。ランベスノース駅(ベーカールーライン)からも行けます。

これはサイト全体の通知の一例であり、カスタマイザーの「Store Notice」でこのテキストを変更または削除できます。 非表示