【ロンドン旅行】㊿ サッカー・プレミアリーグ観戦 (超人気の英国サッカー・リーグ)

ロンドン

海外旅行に行きたい! ロンドン旅行、今回はサッカーのプレミアリーグ観戦です。

何もしなければ何も起きない。行かなければそれはやってこない。海をこえよう。言葉をこえよう。(抜粋) 【ANA広告のキャッチコピー】

英国のプレミアリーグはスペイン、ドイツ、イタリア、フランスのプロリーグと並ぶ欧州5大リーグの一つです。世界中の人がテレビでプレミアリーグを観戦しており、現在、視聴者数が世界一の人気サッカーリーグです。

私は時折、テレビでサッカーの試合を見る程度で、サッカー・ファンではないのですが、それでも、ロンドンのホテルでプレミア・リーグの有名チーム同士の試合を見た時には見入ってしまい、強烈な印象が残りました。それまで日本で見たサッカーとはボールの動くスピードが全く違うような気がしたのです(私の個人的な感想です)。これをスタジアムで直接見れたら面白いだろうな」と思った記憶があります。

イギリスのプロリーグ・サッカー

プレミアリーグは20のクラブチームで構成されています。例年、9月にシーズンが始まり翌年の5月まで続きます。近年、衛星放送による試合中継が始まったことで、プロサッカーがローカルなスポーツから全世界のネットワークの中でのスポーツに変貌を遂げました。日本でも見ることができます。チーム収入も大幅に増え、優秀な選手が有名リーグに集中したことで、プレーは一層面白くなりましたが、有名チームでは球場での観戦料金が高騰し、地元のサポーターも含めて一般観客が球場で試合を見づらい環境になったといわれています。

いつだったか、正しい記憶がありませんが、プレミアリーグの放映権の契約更新が上手くいかず、衛星放送会社の経営が立ち行かなくなるだろうという記事を読んだ記憶があります。放送会社を操れるほどプレミアリーグがビジネスでメジャーなものだということだと思います。

「Goals Worth Watching Again | Best Premier League Goals Of 2020/21 | Part 1」 Premier Leagueさん(13min)

ロンドンのプレミアリーグ・チーム

ロンドンを本拠地とするいくつかのクラブチームを紹介します。ここでは4チーム。いずれも至近のシーズンでトップ10入りを果たしたチームです。

【アーセナル FC (Arsenal Football Club)】:8位 ロンドン北部ホロウェイ、愛称The Gunners(砲兵)、ホーム:エミレーツ・スタジアム(収容6万人)(地)アーセナル(ピカデリーライン) ~順位は2020-2021シーズンの順位(以下同)

Arsenal FC Official Website | Home | Arsenal.com

【チェルシーFC(Chelsea Football Club)】:4位、ロンドン東部、愛称はThe Blues(青の奴ら)、スタンフォード・ブリッジ・スタジアム(収容4万人)、(地)フラム・ブロードウェイ駅(ディストリクトライン=西、ウィンブルドン行き)

ホーム | 公式サイト | チェルシーフットボールクラブ (chelseafc.com)

【ウェスタム・ユナイテッドFC(West Ham United Football Club)】6位、ロンドン東部、愛称はHammers(やっつける奴)、ロンドン・スタジアム(収容6万人)、(地)ストラッドフォード駅(ジュビリーライン)~日本語読みだとウェストハムだが、hは発音しないので、ウェスタムのほうがわかりやすい。

Home | West Ham United | West Ham United (whufc.com)

【トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur Football Club)】7位、ロンドン北部トッテナム、愛称はSpurs(拍車をかける)、トッテナム・ホットスパー・スタジアム(収容6万人)、(地上鉄道)ホワイト・ハート・レーン駅(地セブンシスターズ駅_ビクトリアラインで北向きに乗り換えて2駅)。イギリス代表で最も有名な選手の一人である、フォワードのハリー・ケインが在籍している。

Official Spurs Website | Tottenham Hotspur

*各チームのホームスタジオのショップには選手の名前入りのユニフォームを売っています。子供サイズのものもたくさんありますので、知人へのお土産として喜ばれます。スタジアムに行かない人もピカデリー・サーカスの南東の角に「リリ・ホワイト(LillyWhites)」というスポーツ・ショップがあり、サッカー・ユニフォームなども売っていますので、こちらでもお土産を手に入れることができます。

「Matchday Hospitality Season 2019/20」  Arsenalさん  1min

座席の予約。当日券を含むチケット販売ブース

上でも触れましたように、プレミアリーグは世界のトップリーグの一つで、試合のチケットは取りづらく、とりわけトップチームのプレイチケットは値段も高ければ取れる確率も低く、トップチーム同士の試合になると、チケットは間違いなくプレミアチケットになります。チケットの販売は、基本は、各チームがホームページで販売しています。ただ、その種類は、メンバーになってホームグランドでのチケットを年間通しで買うものや、ハンディキャップの人用、住民優先のもの、抽選で単発の試合を買うものなど複雑です。そう意味で、旅行者向きではありません。そこで、お勧めなのは、国内の旅行会社や安心できるチケット業者で旅行日程の中に組み込める観戦チケットが手に入らないか、打診してみることです。ただ、もしチケットが手に入っても、手数料を取られたりしますので、少し高いものになります。それから、「ホスピタリティ・チケット」なら手に入ると言われるかもしれません。これは端的に言えば、「接待用チケット」です。大相撲で言えば「升席」みたいなものです。食事や試合前後のドリンクサービス、特別観覧席の提供、お土産などがケースバイケースでついてきます。相当高いですから、是が非でも見たいという方向けになります。

旅行会社とチケット業者のホームページのサンプルを入れておきます。(安全を保障するものではありません)

H.I.S. LONDON | サッカーチケット (his-euro.co.uk)

プレミアリーグ観戦チケット購入 |プレミアリーグ| (worldsports-c.com)

※ダフ屋や偽サイトからの購入は絶対にやめましょう。

 

これはサイト全体の通知の一例であり、カスタマイザーの「Store Notice」でこのテキストを変更または削除できます。 非表示