【ロンドン旅行】㉚ 博物館_4 (科学博物館)

ロンドン

海外旅行に行きたい! ロンドン旅行、今回はサウス・ケンジントン3博物館の一つ、科学博物館を紹介します。

機械技術の分野にいちばん必要なのは挫折の歴史である。私はヘマな失敗例を集めた書物がほしい  ジェームズ・ワット(英 発明家 1736-1819)

自然史博物館はお勧めのプライオリティが低い博物館ですと紹介していますが、ここも同様です。産業の関係者の見学ツアーで見に行くくらいではないでしょうか。ロンドン自然史博物館の北に隣接して便利ですので、時間の余った方は訪問すると良いと思います。イギリスは産業革命の発祥の地ですので、蒸気機関から始まって現代につながる科学技術と工業を目で見ることができます。理系の人向けのレアな展示がたくさんあります。

科学博物館(Science Museum)

科学博物館という名前でもちろん間違いはないのでしょうが、純粋な科学現象を扱っている展示はほとんどなく、産業革命以降の工業製品を網羅的に展示してある近代産業記念館といった趣の博物館です。私が個人的に魅力を感じたのは、イギリスは産業革命の本家ですので、産業革命真っただ中にあった時代の蒸気機関の模型をいくつも展示してあるところです。蒸気機関は単純で、目で見て、仕組みが理解できる動力機械ですので、一つ一つ眺めて、当時の人たちがどんなイノベーションを果たしながら実用的な機械を生み出していったのかを直接自分の目で見ることができます。(注)ジェームズ・ワットはニューコメンの蒸気機関を改良して実用化したと言われています。  科学博物館(公式)   科学博物館入館案内(公式)

「Science Museum in Free London Attraction Full Tour 4K」Wonderliv Travelさん (7min)

入館案内と交通

学校の休み期間中(2021.7.21-9.5)は無休で10:00-18:00(最終入館17:15)に開館しています。それ以降は水曜日から日曜日までの同じ期間帯に開館しています。ギャラリーは全館閉館時間の30分前からクローズを始めます。入場料は無料ですが事前の予約が必要です。

交通はビクトリア&アルバート博物館(V&A)と同じく、サウス・ケンジントン駅(地:サークル、ピカデリーライン)から歩きます。駅を出て少し北に向かって歩き、幹線道路のクロムウエル道路まで出ると、すぐ正面にビクトリア&アルバート博物館と自然史博物館が並んでいますので、その間の道を入り、自然史博物館の裏手、通りの左側にあります。   科学博物館入館案内(公式)

科学産業博物館 マンチェスター

科学産業博物館(Museum of Science and Industry)はロンドンではなくマンチェスターにある博物館です。ここでご紹介した理由は、こちらはロンドンの科学博物館の兄弟博物館なのですが、蒸気機関車や飛行機や自動車の実物が展示してある博物館だということです。マニアの方でなくても実物を見ると感動されると思い、”おまけ”で紹介しました。ナショナル・レイルのホームページを見ますと、ロンドンのユーストン駅から2時間ちょっと、1時間に2本の電車が走っています。料金は往復で£100弱です。博物館はマンチェスター・ピカデリー駅から1km足らずのところにあり、キャブを使って行けますので、日帰りは十分可能です。内容的にはロンドンよりもこちらがお勧めです。

学校の休み期間中(2021.7.21-9.5)は無休で10:00-17:00に開館しています。それ以降は水曜日から日曜日までの同じ期間帯に開館しています。入場料は無料ですが事前の予約が必要です。  科学産業博物館(公式)    科学産業博物館入館案内(公式)

「Museum of Science and Industry, Manchester England || Full Tour」 Khizar Hayat Nooriさん (17min)

これはサイト全体の通知の一例であり、カスタマイザーの「Store Notice」でこのテキストを変更または削除できます。 非表示