【イタリア旅行】㉙ (ナポリ・カプリ島) ナポリへの行き方 ~ 鉄道・バスでの入り方

イタリア

海外旅行に行きたい! イタリア 旅行。今回はナポリ(Naples)への鉄道とバスでの入り方を紹介します。

恩恵を施した者は黙っているのがよい。恩恵を受けた者は語るのがよい セネカ (ローマ帝国 哲学者 BC27 – 68)

ナポリが大都会であることは別の項目で紹介しましたが、もう一つの特徴は、ローマから意外と近いということです。時間的には東京からひかりで静岡に行く時間と変わりませんし、大都市間路線ということもあり、1日約70本の特急が走っていますので便利です。ナポリを市街地だけ回りたいというニーズは少ないでしょうからそこからはイメージがわきませんが、ローマに旅行で行って、ポンペイだけは是非見てみたいという人には、意外ですが、日帰り旅行が余裕で可能な距離にあります。

ナポリに電車で入る

上の地図を使って、ナポリの中心街の地図を確認すると、中央駅から西側の一帯が観光で関わるエリアです。

・ナポリ中央駅(国鉄:TRENITALIA)は港の近くにあります。
・長距離バスのターミナル(後段)は中央駅の南側に沿ってあります。
・空港は中央駅から見て、港とは反対側、東北方面にあります。
・中央駅を出ると、前方に旧市街のエリアが広がっています。(一人歩きは薦めません)
・旧市街の南側に港が広がっていて、カプリ島に向かう船着き場は、港の最も西側の大きな突堤の根元付近にあります。
・港の西側には「卵城」という名の小さな岬の城塞があって、そこから更に西側の海岸付近一帯が、泊まるとした場合にお勧めするエリアです。

ローマ – ナポリ間の鉄道

あなたがローマからナポリに電車で向かうには、ローマの中央駅であるテルミニ駅(Roma Termini)から電車に乗ります。この駅はローマ国際空港(フェミチノ空港駅:Fiumicino Aeroporto)とローマ市街地を結ぶ直通電車の駅でもあります。

ローマとナポリを結ぶ線路はイタリア国鉄(trenitalia)ですが、走っている特急電車はイタリア国鉄(trenitalia)NTV(Italo)の2社の電車が運行されています。本数は1日約70本。国鉄がやや多いですがほぼ半数ずつの運行で、所要時間も殆ど同じで、1時間10分程度です。料金は変動していますが、概算片道30-50ユーロです。往復で買うとかなりお得な料金になります。ビジネスクラスの料金もそれほど高くは感じません。約1.5倍程度です。使用駅はどちらの会社も、ローマはテルミニ駅(Roma Termini)、ナポリはナポリ中央駅(Napoli Centrale)です。カバーの写真はイタリア国鉄の特急で、下の写真はItaloの電車です。特急電車の予約はそれぞれの会社のホームページから行います。両社のページを覗いて時間の合うものを選択します。往復同じ会社にして安いチケットを買うのがお得です。事前に購入されることをお勧めします。

ナポリ中央駅は大ステーション

ローマからの特急電車が到着するナポリ中央駅(Napoli Centrale)は、日本のJRの駅と比較しても、かなり大きく感じる駅です。国鉄のプラットフォームは終点駅仕様で1か所並んでいますし、駅の案内版はわかり易く表示されていますので、乗車する電車を探すのはさほど苦労しないと思います。ただし、この駅には私鉄や地下鉄の駅も併設されていて、それぞれの駅への案内表示が出ていますので、道案内の駅名(Napoli Centrale)には注意してください。

駅の構内にはたくさんのショップが入っていて、街中での買い物は安全面から注意が必要ですが、普段使いの買い物がしたければ、ここを利用するのは、ナポリではお勧めです。地下街も警備の人が立っていたりしますのでやや安心感があります。

バスでナポリに入る (さほどの不安はないが、やや時間を使う)

ローマから長距離バスを利用することができます。ローマからですと2時間40分(鉄道1:10)、最低€4です。イタバス(itabus)に乗る場合、ナポリ側のバス停は中央駅脇のバスステーションですし、ローマ側のバス停はテルミニ駅から地下鉄B線で東に4駅目のローマ・ティバーティナ・バスステーションです。ローマ・ナポリ間のバス移動は、双方の街のバスターミナルもわかり易い場所にありますし、驚くほど安く便利なのですが、片道1時間30分余計に時間を要する移動となり、わざわざイタリアまで行って時間の無駄遣いをするのかという思いが先に立ち、バックパッカーの人以外にはお勧めしません。通常の旅行の移動手段からは外した方がいいと思います。

 

これはサイト全体の通知の一例であり、カスタマイザーの「Store Notice」でこのテキストを変更または削除できます。 非表示